12/22(木)  特輸事業部の安全会議が行われました。

 1. 報告・連絡事項
 ① ゼロウィーク展開中
 ② インフルエンザ予防接種の受診
 ③ ノロウィルス対策の徹底
 ④ 職場パワーアップ活動の進捗確認
 ⑤ 事故惹起状況の報告

2. 安全講習会
    『ドライブレコーダー映像で見る事故の傾向と対策』
    講師 上西一美氏(有限会社ディ・クリエイト)
image001image003
ポイントまとめ
・これからの事故防止教育・指導は、理論だけでなく体験を加味して実施することが重要である。
・運転は、認知(見る)⇒判断(考える)⇒動作(操作・行動)の繰り返しである。
・事故惹起は、認知エラーによる見落としが大半である。


 【じゃんけんによる認知判断トレーニング】
初めは和気あいあいのじゃんけん ⇒ じゃんけん負け続きで弱い人がいました
image005
徐々に真剣に・・・・
image007
認知⇒判断⇒動作トレーニング終了
image009
じゃんけん勝負が強くもなりました

 最後に
・高齢のドライバーは、加齢による視野、視覚、動体視力の低下の自覚が必要です。
多数の映像を見ることで、経験したことのない体験を知識に変えることができた講習会でした。
予備知識をもとに防衛運転に取り組み、安全意識が更に高揚しました。


3.実技講習会
 チェーン装脱着
 雪道、凍結路に必須であるチェーンの装着・脱着を実施しました。
image011image013
熟練乗務員が新人乗務員へ指導しました。
image015image017
新人乗務員は、チェーンが自分の身を守る道具である自覚を持って、
納得、理解するまで真剣に手ほどきを受けていました。
image019image021