12/28(水) 亀山営業所において安全会議が行われました。

2016年の最終営業日となった28日は、

年の瀬ということで安全衛生会議兼全体会議を行います。

今回の実地訓練は、発煙筒の使い方と毎年恒例のチェーン脱着です。

まずは発煙筒の使い方です。

本社車両工場より使用期限切れのさまざまな発煙筒をもらってきました。
image001

メーカーにより今回は2種類ありました。いずれも着火点とヤスリを確認して付けます。

image003

トラック後方より数十メートル離して発煙筒を置き、その間に三角板を設置致します。

実地訓練でわかったこと。

   自分の方に向けて発煙筒を擦らないこと。着火時に火の子が飛んでくる。

   煙がきついので喚起の悪い場所では使わない。(トンネル等)

   路側帯で準備し、三角板・発煙筒設置後はすぐ安全な場所に避難すること。

   水にはめっぽう強いが消える。消えた場合はまたつけることができるが、かなりの火力が必要
image005
image007

最後にチェーンの脱着を行いました。

鉄製チェーンとワイヤーチェーンを脱着します。

100mmぐらいの盤木を使うとスムーズにチェーンが入ります。

鉄製チェーンは表と裏を注意すること。

またワイヤーチェーンは軽く扱い易いが、使い方が解らないと宝の持ち腐れとなってしまします。本日の実地訓練で来年のゲリラ雪も安心です。
image009