3月11日(金) 岐阜営業所において安全衛生会議を実施致しました。
今回は、運転に最優先する基本姿勢をテーマに
正しい姿勢及び崩れた姿勢を体験してもらいました。(クレフィール湖東 交通安全研修所参照)
正しい運転姿勢とは、運転にとって必要な情報が取りやすく、動作が無理なく、
運転操作が確実に素早くでき、疲れにくい姿勢です。
崩れた運転姿勢とは、シートが後ろ過ぎたりシートバックが倒れ過ぎている場合などです。
乗務員には今回のテーマを参考に正しい運転姿勢を見つめなおす良い機会となりました。

<崩れた姿勢>                       
シートが後ろ過ぎたりシートベルトもしてなく
袖のボタンも外れています。
悪い姿勢
<正しい姿勢>
運転操作が確実にでき、疲れにくい姿勢です。
良い姿勢
乗務員全員で姿勢位置の確認を行っています。
確認①
確認②