6月7日(日)、当社名古屋支店 飛島倉庫にて
協力会社の従業員の方々と合同で安全会議を行いました。

今回は、トラックとフォークリフトの実技講習を実施しました。
トラックでは、当社ドライバーコンテストの「ホーム着け競技」を再現し、
乗務員全員が自らの車両感覚の精度を認識しました。
トラック①トラック②
フォークリフトでは、必要最低限しかハンドルを切らずに旋回する課題を出し、
車体感覚の向上を図りました。
旋回時にハンドルがロックするまで回る癖がある参加者は、
必要最低限のハンドル操作で荷役することに苦慮していました。
リフト②リフト①
競技ではないにも関わらず、自然とテクニックの競い合いになり、会場は熱気につつまれていました。